桐朋を選ぶ理由

桐朋を選ぶ理由

指揮者の小澤征爾、ピアニストの中村紘子、チェリストの堤剛。
日本はもとより世界で名を知られ、信奉する人が絶えない偉大な音楽家たち。
現在でも各種音楽コンクールにおける入賞者の中に、卒業生の名を見つけるのはさほど難しいことではありません。
また、他県から何時間もかけて通われる例もまれではありません。
こうした明確な違いが生まれる理由、それは音楽教室の誕生以来、70年にわたり磨いてきた教育の手法にあります。

メッセージ

「子供のための音楽教室」が誕生したのは1948年。桐朋のルーツは、まさにこの音楽教室が始まりでした。
創立以来、年齢に応じた世界最高水準の音楽教育を提供。
作者の思いを感じ取り、それを周囲へ伝え、自己表現にまで高めていく「ソルフェージュ能力」に重点を置いた教育をはじめ、
質の高い講師陣による指導は、人としてあるべき人格や教養を育てる人間形成を育み、数多くの優秀な音楽家を育成し続けています。

選ばれる理由 01

【桐朋の強み】

桐朋だからこそ提供できる、
「本物の音楽教育」について。

選ばれる理由 03

【桐朋の考える音楽教育】

ソルフェージュを大切にした、
桐朋が考える音楽教育とは。

選ばれる理由 03

【桐朋の実績】

小澤征爾をはじめとする著名人を
輩出した桐朋の歴史と実績。

選ばれる理由01

【桐朋の強み】

70年かけて積み上げてきた教育手法。
桐朋だけが提供できる、世界のスタンダード

[70年の歴史]

「子供のための音楽教室」が誕生したのは1948年、なんと70年以上も前のこと。
今でこそ桐朋の名は世界でも知られるようになりましたが、そのルーツこそが音楽教室でした。
やがて子供たちの成長に合わせ高校が開設され、続いて短大や大学も開学。
年齢に応じた、世界最高水準の音楽教育を提供しています。

[ソルフェージュ教育]

音楽教室のみならず、高校や大学でも必修科目として重点を置くソルフェージュ。
まず作者の思いを感じ取り、それを周囲へ伝え、自己表現にまで高めていくのが桐朋のスタイルです。
桐朋で身に付けた真のソルフェージュ能力は、コミュニケーションを円滑に進める素養としても応用が利き、一生の財産となります。

[人間形成]

音楽教室に通いだしてから、人として成長したように感じる。これは全国すべての教室で、実際に起こっている出来事です。
桐朋の考える音楽教育とは、演奏技術の修得もさることながら、人としてあるべき人格や教養を学ぶこと。
そうした理念が「聴くこと」を重視したカリキュラムや、挨拶から教える講師の行動となって現れています。

[圧倒的な実績]

世界で名を知られる桐朋の出身者、小澤征爾、中村紘子、堤剛。
現在でも各種コンクールにおける入賞者の中に、卒業生の名を見つけるのは難しいことではありません。
素晴らしい才能には、世界最高の道を用意できるのも桐朋の強みです。
頂点の高さは、他の追随を許さないレベルにあります。

[講師の質]

高価なピアノでも、防音設備でもなく。
音楽教室の最大の資産、それはひとりひとりの講師です。
幼い頃には自らも教室で学び、高校、大学と研鑽を積み、そして講師となって戻ってくる人たち。
桐朋の特性を体得しているがゆえに、全国どこでも、高い教育水準を維持できると言えるのです。

選ばれる理由02

【桐朋の考える音楽教育】

1948年(昭和23年)、桐朋学園音楽部門の創立者たちは新たな音楽教育の未来を、無限の可能性を秘めた子供たちに託しました。音楽の才能を伸ばすには早期教育が重要であるとの信念から、子供の音楽感性を最大限に育成するために「子供のための音楽教室」が設立されました。まさにこの音楽教室の教育にこそ桐朋学園音楽部門の教育の原点があります。音楽教室設立に際して発表された「子供のための音楽教室開設趣意書」には、音楽部門の教育の理念が明記されております。

音楽教室での教育は子供たちの感性を育成し、さまざまな形でその才能を開花させることを目指しております。この自然な感性の育成と同時に、音楽教室の創立者たちは生徒たちにそれぞれの能力に応じた厳格で徹底した指導を施し、完成された高い音楽水準の達成を目指しました。そしてその指導を受けた生徒の中から、国際的に優れた音楽の専門家が数多く輩出してきていることは改めて申すまでもありません。

子供たちの優れた才能を見出し、その才能を開花させるためにあらゆる手助けをするのが「子供のための音楽教室」の重要な役割であり、その精神が現在も確実に継承されています。

実技

古典を学ぶことによって共通語としての音楽上の文法を習得していくことが大切です。そして子供たちには、真の個性を持った音楽家へと成長していってもらいたいと考えています。

技術的な訓練も重視します。基本的な技術の訓練が大切であることは、音楽も美術も演劇もスポーツも全く同じであると言えます。音楽的センスと演奏技術は常に表裏一体であるからです。

ソルフェージュ

ソルフェージュはクラシック音楽の勉強の根本です。一口にソルフェージュといっても内容は極めて多岐にわたりますが、その目的は「楽譜から何を読み取るか」ということに尽きます。

音符の高さと長さを読み取る最も初歩の段階から、楽譜という記号の中に込められた音楽を感じ取り、作曲家の精神的メッセージまでも理解しようとする高度な段階まで、その内容は実に多様で奥深いものです。

音符を読んで、自分の声で高さや長さを確認し、音を聴いてそれを楽譜に表してみるという作業・訓練を積み重ねることによって、楽譜という記号から生きた音楽を「想像すること」ができるようになるのです。演奏するということは、それを「音に表すこと」なのです。

アンサンブル

実技の徹底した個人指導と並行して、アンサンブル教育は音楽教室創立当初からの方針の一つです。 音楽は個人プレーばかりでなく、他の人の奏でる音に耳を澄まし、自分の音を全体の中の一部分としてとらえ、バランスを考えながら完成させていくという行為でもあります。子供たちにはアンサンブル教育を通してアンサンブルの楽しさや難しさを知ってもらいたいと考えています。

桐朋学園大学音楽学部附属「子供のための音楽教室」の目指すところは、趣意書にもありますように、早期教育による豊かな音楽教育です。
「夢と憧れ」を持って音楽教室で一生懸命学んだ子供たちが、優秀な音楽家として巣立っていくこと、あるいはクラシック音楽を支える聴衆の一人、良き愛好家として成長していってくれることを、私たちは心から願っています。

【音楽と教育について】

音楽を学びながら、人間が形成される。幼い頃の音楽教室の経験が、一生の財産になります。

著名な卒業生が多いこともあり、音楽教室も音楽家になるための専門教育の場と認識されています。
しかし音楽を学ぶことにより個性が伸ばされ、人格形成に素晴らしい影響を与えることは、意外に知られていません。

たとえば「音楽教室に通いだしてから、人の話を真剣に聞けるようになった」
「はっきりと表情に違いが出てきた」。
これらは保護者の方々から、実際によく聞くお話です。
なぜこうした嬉しい変化が起きるのでしょうか。
理由はひとえに、桐朋独自の教育手法に尽きると考えています。ソルフェージュによる本質をとらえた音楽への理解、あるいは聴音重視のカリキュラム。
音楽とはコミュニケーションの芸術であり、聴き手を意識して初めて成り立つもの。そうした考え方がすべての根底に流れているからこそ、「まず聴く、そして自分を出す」という成長が期待できるのです。

興味深い事例を挙げると、桐朋の学生は「耳が良い」者が多いので、外国へ留学しても語学が障壁になるケースは少ないようです。実際、上達はかなり速く、半年ほどで流ちょうに話す人も見受けられます。また幼い頃に身に付けた、聴く姿勢や表現する楽しさは、社会に出ても普遍の財産として残ります。

たとえ音楽家の道を歩まなくても、必ずやより豊かな人生へと導いてくれることでしょう。